一周忌

一周忌年忌法要お供え花とマナー立札メッセージも解説!

一周忌|年忌法要(ねんきほうよう)

初七日から百か日(100日目)までを追悼法要をいいます。年忌法要は一周忌、三回忌、七回忌、三十三回忌などのことです。故人の命日に行う年忌法要では、年数が小さいほど、多くの方を招いて行う傾向にあります。年忌法要を行うタイミングは、亡くなってから満一年の一周忌、それ以降は数え年となり、三回忌であれば亡くなってから満二年となります

故人の供養を終了とする弔い上げ(とむらいあげ)は、三十三回忌法要をもって区切りをつけることが一般的です。五十回忌まで行う場合もあります。

一周忌年忌法要のマナー立札メッセージ!

一周忌は、

故人が亡くなった1年後の同月同日の命日に行われます。

一周忌|法事・法要に贈る胡蝶蘭のマナー

胡蝶蘭の設置には一定の空間が必要となります。また生花である胡蝶蘭は、配送日時にお相手に間違いなくお受け取り頂くことも大切です。

大切な方への心遣いがかえってご迷惑とならないように商品の選び方やラッピング・立て札などのマナーを守って、お悔みの気持ちを胡蝶蘭で伝えましょう。

01法事・法要に胡蝶蘭を贈るタイミングは?

法事・法要に贈る胡蝶蘭は、前日までに贈るのが一般的です。

法事・法要をご自宅で行うなら、当日は慌ただしいご遺族の手間を取らせることになります。また、ご自宅以外で行う時は、不在になる可能性があります。

斎場に贈る際は、会場ごとのルールがある場合もあるので、事前に問い合わせ、儀式が執り行われる時間の前までに届くようにします。

胡蝶蘭の受取日時や置き場所を確認し、ベストなタイミングを選びましょう。

02法事・法要の胡蝶蘭を一般的な相場は?

胡蝶蘭ギフトをお選び頂く際には、お相手との関係性に沿った供花の相場を目安として商品を選びましょう。

  • 一般的に法事・法要には5千円程度の胡蝶蘭が選ばれています。
  • 特別なお付き合いがございましたお相手への法事・法要にはワンランク上となる5千~1万円の胡蝶蘭がお選びいただけます。
  • またご友人やご親族に向けての法事・法要の胡蝶蘭は5千~1万円が相場となります。

03法事・法要のラッピングはどうすればよいの?

法事・法要の胡蝶蘭ギフトには、落ち着いて上品な印象のラッピングが選ばれます。ラッピングカラーは概ね薄い色がおすすめです。

お付き合いの度合いや無くなられてからの月日がどの位経ったかによって胡蝶蘭の花色やラッピングを、少し色のあるお花や包装紙からお選びいただけます。法事・法要には薄緑系などの色も自然で安定した印象がありますのでおすすめです。

04立て札・メッセージカードを添える際のポイント

法事・法要の胡蝶蘭にはマナーとして、立て札かメッセージカードを添えます。法人ギフトの場合には木札、フォーマルな個人ギフトの場合は紙の立て札を用い、一番上に「供」と書き「お届け主様のお名前」を記載することが一般的です。

それ以外のパターンでは「供」「お届け主様の社名・役職・名前」を記載します。メッセージカードを贈る際には、故人の方との思い出やご遺族の方への励ましの言葉を添えると良いでしょう。

立札

 

出典:午前12時までの注文で最短翌日配送!【HitoHana(ひとはな)】

一周忌の胡蝶蘭をお送りする際には、立札は「御供(ごくう)・供(キョウ・ク・そなえる)」とともに贈り主様のお名前を記載します。

相手の方のお名前は記載しないので注意してください。 お花に札をつけておくることで、交友関係から故人の生前の人柄が周りの方にも伝わるでしょう。

メッセージカードの一般例

遺族にも一言伝えたい方は、メッセージカードをつけてお送りされるとよいでしょう。「ご生前の面影を偲び、心よりご冥福をお祈りします。」のような文章のあとにあなたからの気遣いの言葉を続けられるのが一般的です。ご参考にしてみてください。

 

〇〇様

ご生前の面影を偲び、心よりご冥福をお祈りします。

〇〇より

木札やメッセージカードを無料でつけています。

もし、立て札とメッセージカードの両方をお贈りされる場合は、サポートにご連絡ください。

一周忌の香典の金額

一周忌の香典の目安

故人との関係 会食なし 会食あり
祖父母 1万円~ 1~3万円
1万円~ 1~5万円
兄弟姉妹 1万円~ 1~3万円
親戚 1万円~ 1~3万円
職場関係・知人・友人 5千円~ 1万円

表書きはのし上に「御佛前」「御仏前」などと記します。

のし下に本人の氏名をフルネームで記入するのが一般的です。

市販の香典袋にはあらかじめ表書きが印刷されたものもありますが、「御霊前」は使わないように注意しましょう。「御霊前」は葬儀やお通夜の時に用いるもので、一周忌では、故人すでに「仏様」になっていると考えられているためです。

墨の色は、葬儀の際は薄墨を使うのがマナーですが、一周忌の場合は濃い墨でも問題ありません。

主要な法事・法要の種類

種類 時期 現在での扱い
追悼法要 初七日 7日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。
二七日 14日目 遺族のみ。省略されることもある。
三七日 21日目 同上。
四七日 28日目 同上。
五七日 35日目 同上。※この日を忌明けとする宗派もある。
六七日 42日目 遺族のみ。省略されることもある。
四十九日 49日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。忌明けの日。
百か日 100日目 遺族のみ。省略されることもある。
年忌法要 一周忌 満1年目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。
三回忌 満2年目 同上。
七回忌 満6年目 遺族、親族で供養。七回忌以降は縮小傾向にある。
十三回忌 満12年目 遺族のみ。
十七回忌 満16年目 遺族のみ。省略されることもある。
二十三回忌 満22年目 同上。
二十七回忌 満26年目 同上。
三十三回忌 満32年目 遺族のみ。三十三回忌で弔い上げの場合が多い。

出典:https://www.osohshiki.jp/column/article/15/

一周忌年忌法要お供え花「価格帯別」

 

胡蝶蘭は3千円台から10万円台まであり、予算や用途に合わせる事が出来ます。大事なお得意様、お相手に安心して大切な胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

1、3千円台の胡蝶蘭

小ぶりながらも高貴で凛とした雰囲気を漂わせる3千円台の胡蝶蘭は、会社の受付やお店のカウンター、ご自宅の窓辺などに最適です。また、香りと花粉が少なく衛生面に厳しい場所へも安心してお贈り頂けるうえ、3千円台の胡蝶蘭はコンパクトで場所も取りません。お取引先への手土産や誕生日・記念日などに贈るフラワーギフトに、小粋な贈り物として重宝されています。 

もっとみる!

2、5千円台の胡蝶蘭

上品な華やかさと可愛らしさがあり、お誕生日や記念日など個人のお祝いギフト、お取引先へのご挨拶やオフィスのウェルカムフラワーなどにおすすめです。5千円台の胡蝶蘭は、花びらの形や色がバラエティに富んでいるミディタイプや、定番の大輪の胡蝶蘭など多品種です。

もっとみる!

3、1万円台の胡蝶蘭

お誕生日や記念日、開店祝いなど個人/法人問わず人気の価格帯です。白や淡い色はお祝い花としてだけでなく供花としてもご利用いただけます。1万円の価格帯では、胡蝶蘭らしい優美な雰囲気が人気の大輪、中大輪、ミディなど多様な品種があります。

もっとみる!

4、2万円台の胡蝶蘭

2万円の価格帯の胡蝶蘭は種類豊富になります。「幸福が飛んでくる」という胡蝶蘭の花言葉は、お誕生日や長寿祝い、開店祝いや開業祝いなどのギフトにぴったりです。また優美で上品な雰囲気はフォーマルな場で重宝し、供花にも選ばれています。

もっとみる!

 

太郎
太郎
ここで、一言!

一般的な胡蝶蘭の相場として、「胡蝶蘭の大輪で一本、1万円が相場と言われています。」

5、3万円台の胡蝶蘭

5本立ちの大輪胡蝶蘭はボリュームがあり、豪華な印象を与えるのでひときわ見栄えがします。法人のギフトやお供えのお花として最も利用されています。

もっとみる!

6、5万円台の胡蝶蘭

5万円の胡蝶蘭は、町のお花屋さんでは取り扱われないレベルの最高ランクの商品ラインナップです。胡蝶蘭大輪7本立ちもこの価格からです。5本立ちと比較して、輪数が多くより贅沢な印象を与えます。法人・個人間のギフトなど特別なお祝いや大切なお届け先のギフトとして購入されています。色もピンクやリップ、希少種のグリーンアースがあります。

もっとみる!

7、10万円台の胡蝶蘭

胡蝶蘭の中でも最高ランクの商品といえる10万円の価格帯は、就任祝いなどビジネスシーンの特別なお祝いギフト、叙勲祝いや受賞祝いなどのお祝いを盛大に祝う個人ギフトなどにおすすめです。定番の白だけでなく、ピンクや赤リップなどシーンやお相手のお好みにぴったりのカラーを選べます。特別なセレモニーや法人の周年記念のお祝い、大劇場での公演祝いに最適です。また、優美で上品な雰囲気は、葬儀の供花としても選ばれています。

もっとみる!

8、お花や観葉植物

昼12時までのご注文で最短翌日お届け!

お急ぎ便!(+2,160円)当日お届け!

1都3県、大阪・名古屋・福岡市内の一部の地域のみ

≫≫≫ お急ぎ便!

まとめ

通販ショップのメリットとデメリット

メリット

  • わざわざ花屋さんをして出向く必要がない
  • 夜中でもOK!24時間注文が可能!
  • 検索して高品質な高級・豪華な胡蝶蘭を選べる
  • 生産農家から直送なので花が新鮮で長持ち
  • 余計なコストが掛からないので値段が安い(2,3割安い
  • 当日・翌日配送のスピード対応で全国配送が可能
  • 豊富な商品力
  • 立札やメッセージカード・ラッピングも簡単にオーダーできる
  • 注文商品を画像で送ってくれる
  • 値段がかりやすい

デメリット

  • お店で胡蝶蘭の実物を見て買えない
  • お店の人と相談ごとをその場で聞けない

メリットとデメリットのまとめ

お店で胡蝶蘭を見ながら「♪ど・れ・に・し・よ・お・か・な♪」なんて決められませんね。これは通販ショップのデメリットです。その場で直接お店の定員さんに相談できないのもそうですね。

でも、今の時代は写真が簡単に送れます。こんな便利なサービスがあります。

贈る前の画像配信

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

上記の画像のように通販HitoHana(ひとはな)さんでは配送前に写真を無料でメールで送付してくれます。これなら安心できますよね。通販ではデメリットを逆にメリットに換えています。

 

どうでしたか?

通販ショップとお店の違い、通販ショップのメリットとデメリットなど参考になりましたら幸いです。

ぜひ大切なお客様や友人・身内の方へお花や観葉植物、胡蝶蘭を贈ってあげてください。

♡お喜びになる顔が目に浮かびます。♡

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

RELATED POST