お供え

お供え花の胡蝶蘭とマナー立札メッセージを解説!

お供え花の胡蝶蘭とマナー立札メッセージを解説!

Q、お供えに胡蝶蘭は大丈夫?

解答胡蝶蘭は美しい佇まいが故人を偲ぶのにふさわしいと考えられています。

お供えに使われる代表的なお花は菊です。清楚な雰囲気で花持ちが良く、花粉などが少なく周囲を汚さない菊の花は昔から様々なお供えに使われてきました。

一方で胡蝶蘭も、実は清楚で花持ちが良く周囲を汚さないお花なのですよ。またお供えの予算に応じて胡蝶蘭は価格で選ぶことが出来るので、お供えに選びやすいお花と言えるのです。

主要な法事・法要の種類
種類 時期 現在での扱い
追悼法要 初七日 7日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。
二七日 14日目 遺族のみ。省略されることもある。
三七日 21日目 同上。
四七日 28日目 同上。
五七日 35日目 同上。※この日を忌明けとする宗派もある。
六七日 42日目 遺族のみ。省略されることもある。
四十九日 49日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。忌明けの日。
百か日 100日目 遺族のみ。省略されることもある。
年忌法要 一周忌 満1年目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。
三回忌 満2年目 同上。
七回忌 満6年目 遺族、親族で供養。七回忌以降は縮小傾向にある。
十三回忌 満12年目 遺族のみ。
十七回忌 満16年目 遺族のみ。省略されることもある。
二十三回忌 満22年目 同上。
二十七回忌 満26年目 同上。
三十三回忌 満32年目 遺族のみ。三十三回忌で弔い上げの場合が多い。

出典:https://www.osohshiki.jp/column/article/15/

この記事でわかること
  • お供えとは?そもそも論のことがわかる
  • お悔やみの種類がわかる
  • お供えの胡蝶蘭がわかる
  • お供えに胡蝶蘭が選ばれる理由
  • お供えの胡蝶蘭を選び方が分かる
  • お供えに胡蝶蘭を贈る際のマナー
  • お供えに胡蝶蘭を贈る際の立札とメッセージ
お供えの胡蝶蘭

 

胡蝶蘭大輪白 お供え用 切り花 5本入り ボックス
8,250円税込

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

一般的なお供え・供花の人気順です。1位は大輪(白)3本立ち、2位は切り花(ミディ胡蝶蘭)5本入り、3位はミディ胡蝶蘭(アマビリス)3本立ち、4位はミニ胡蝶蘭ピンク1本立ちです。価格も¥4,675円から¥16,500ですね。

特別な方への胡蝶蘭は大輪の5本~10本立ちが選ばれています。

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

お供え花の胡蝶蘭とマナー立札メッセージを解説!

ページコンテンツ

お供え花の胡蝶蘭!

お供えとは?そもそも論のことがわかる

宗教や地域に限らず、近親者が亡くなると人はお供え物をして故人を弔う習慣があります。日本では神道や仏教の影響が深く、弔いには様々なお悔やみの儀式が伴う事が一般的です。それぞれのお悔やみにはお供えが必要です。

お供えをする事で故人を弔い、悲しむ遺族を労わるという意味があるのですよ。お供えはお悔やみの大切な一環なのですね。お供えといえばお花が付き物ですが、お花の色や贈り方などお供えのマナーはお悔やみの種類によって違ってきます。ご遺族に失礼がない様にマナーを知っておく事が大切ですね。

お悔やみの種類がわかる

お悔やみには、実は様々な種類があります。日本では弔いの慣習は神道や仏教の影響が強く、主に仏教の考え方に沿ってお悔やみを司るのが一般的です。仏教には人が亡くなってから仏様になるまで四十九日かかるという教えがあり、故人が仏様になるまで遺族は喪中あるいは忌中に入り故人の冥福を祈る一連の儀式を司ります。

四十九日を迎え故人が無事に仏様になるとともに、遺族は忌中の終わりを意味する忌明けを迎えます。四十九日を境にお供えのマナーも違ってくるので、四十九日までは「葬式・ご霊前」、四十九日以降は「法事・法要」と2種類に分けて考えると対応し易いでしょう。

お供えの胡蝶蘭がわかる

胡蝶蘭は東南アジアが原産の植物です。直射日光が当たらない明るく暖かい場所を好みます。胡蝶蘭は名前通り、まるで蝶が舞っているかのごとく優雅な花姿が人気の秘密です。管理が楽で花持ちの良い胡蝶蘭は、環境によっては1か月以上も咲き続けます。

香りや花粉が少なく飾りやすいことも、胡蝶蘭が様々な用途において選ばれる理由の一つですね。また胡蝶蘭は大輪、中大輪、ミディなどと種類が分かれ、カラーバリエーションも豊富です。種類豊富な胡蝶蘭は、贈り先の設置スペースの広さと雰囲気に合わせて選ぶ事が出来るのでギフト花としても人気があります。

お供えに胡蝶蘭が選ばれる理由

様々な種類のお悔やみに一貫して言えるのは、お供えにはお花が欠かせないという事です。しかし何を贈っても良いわけではなく、バラのようにトゲがあるお花や鮮やかな色のお花は一般的にお悔やみのマナーにそぐわないので注意しましょう。

一方胡蝶蘭はお悔やみに好ましい白色が多く、置く場所に合わせてサイズも選びやすいので安心です。また切り花なら花を長持ちさせるために生けなおす手間がかかりますが、胡蝶蘭の鉢植えは簡単なお世話でいい上に花持ちが良いので遺族の方の負担が軽くなりますね。

さらに胡蝶蘭は花粉で周りを汚しにくく香りも強くないので、場所を問わずお供えしてもらえます。そして何よりも格調高いイメージの胡蝶蘭は、故人と遺族への深い敬意を印象付けてくれるでしょう。

お供えの胡蝶蘭を選び方が分かる

お悔やみにお供えする胡蝶蘭は、ご遺族の気持ちに寄り添って選ぶ事が大切です。 忌明け前の四十九日までは、ご遺族への弔意を込めて清らかな白色の胡蝶蘭を贈りましょう。 お通夜やお葬式で目にする大きな祭壇には、存在感がある白の大輪をおすすめします。

白の大輪なら大きな式場でも見栄えして盛大な弔いの印象を与えてくれます。一方お通夜以前の枕花やお葬式が終わってからの後飾りには、限られたスペースでも飾りやすい白の中大輪やミディをおすすめです。

四十九日までは白色の胡蝶蘭が基本ですが、四十九日以降はご遺族の気持ちも前向きに変わっていきますから、徐々に明るい花色の胡蝶蘭をお供えする事も出来ますよ。

お供えの胡蝶蘭を贈る際のマナー

お悔やみの胡蝶蘭を贈る際のマナーをご説明いたします。胡蝶蘭の設置には一定の空間が必要となります。また生花である胡蝶蘭は、配送日時にお相手に間違いなくお受け取り頂くことも大切です。大切な方への心遣いがかえってご迷惑とならないように商品の選び方やラッピング・立て札などのマナーを守って、お悔みの気持ちを胡蝶蘭で伝えましょう。

01お供えに胡蝶蘭を贈るタイミングは?

お供えに贈る胡蝶蘭は、初七日から四十九日の法要や法事の前日までに自宅及び指定会場までお届けできるよう手配を行うことが一般的です。

斎場では斎場以外からのお花は受け付けていないこともありますので直接確認を取りましょう。

お盆は期間に入る前に、お彼岸は入り日~中日に贈るのがよいとされていますが、いずれも贈り先にご負担をかけず受け取りいただけるようお届け日時を事前に打ち合わせすることをおすすめします。

02お供えの胡蝶蘭を一般的な相場は?

胡蝶蘭ギフトをお選び頂く際には、お相手との関係性に沿った供花の相場を目安として商品を選びましょう。一般的にお悔みの胡蝶蘭には1万円程度の胡蝶蘭が選ばれています。特別なお付き合いがありました方へのお悔みにはワンランク上となる1~3万円の胡蝶蘭がお選びいただけます。またご友人やご親族に向けてのお悔みの胡蝶蘭は1~2万円が相場となります。

03お供えのラッピングはどうすればよいの?

葬儀などに贈る胡蝶蘭に無料ラッピングの場合は、故人にお供えする花である事を忘れないようにしましょう。お悔やみの無料ラッピングは基本的に白や紫が多いと思いますが、色を重ねてもらえるのであれば内側に白を重ねると控えめな感じが出ます。紫以外の無料ラッピングがあれば、薄めのグリーン系や青系の物を選ぶと間違いはありません。注文する際、お悔やみの花である事を伝えると良いでしょう。

お供えに胡蝶蘭を贈る際の立札とメッセージ

お悔やみの胡蝶蘭にはマナーとして、立て札かメッセージカードを添えます。法人ギフトの場合には木札、フォーマルな個人ギフトの場合は紙の立て札を用い、一番上に「供」と書き「お届け主様のお名前」を記載することが一般的です。それ以外のパターンでは「供」「お届け主様の社名・役職・名前」を記載します。メッセージカードを贈る際には、ご遺族の方への励ましの言葉などを添えると良いでしょう。

立札

お悔やみの胡蝶蘭をお送りする際には、立札は「御供(ごくう)・供(キョウ・ク・そなえる)」とともに贈り主様のお名前を記載します。相手の方のお名前は記載しないので注意してください。 お花に札をつけておくることで、交友関係から故人の生前の人柄が周りの方にも伝わるでしょう。

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

メッセージカードの一般例

遺族にも一言伝えたい方は、メッセージカードをつけてお送りされるとよいでしょう。 「このたびのご逝去を悼み、 謹んでお悔やみ申しあげますとともに、 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 」のような文章のあとにあなたからの気遣いの言葉を続けられるのが一般的です。ご参考にしてみてください。

〇〇様

このたびのご逝去を悼み、 謹んで

お悔やみ申しあげますとともに、

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

〇〇より

お供え花に胡蝶蘭!通販ショップを厳選比較!

太郎
太郎
はじめまして!

お花屋さんを研究している。「太郎」です。

始めての方でも安心して胡蝶蘭を納得して贈ることが出来るよう「太郎」が全国の通販専門店を調査してまとめました。

なぜ通販ショップは、激安なのか!

  • 1、中間流通業者にかかるコストを削減できているから。
  • 2、人件費を削減できているから。
  • 3、廃棄コストを削減できているから。

 

大きくはこの3点になります。余計なコストを掛けずにお客様は、リーズナブルでお値打ちの胡蝶蘭が購入できます(2,3割違います)。そして通販ショップのメリットはもちろん産地直送で新鮮!お店とは1週間は違ってきます。

厳選比較しています。ぜひ、ご活用ください。

 

お客さん
お客さん
通販ショップのランキングを見たい!

 

お客さん
お客さん
選びやすい価格帯別にしてほしい!

 

ではランキング1位のHitoHanaさんで価格帯別にしますね。相場感や様々なシーンで一般的にどんな胡蝶蘭を贈っているかも分かりやすく掲載します。

通販ショップ基本情報
価格 般的な生花店より2割から3割程度安いこと
送料 無料のところ(一部地域の除く)
贈る前の画像配信 無料のところ
立札 無料のところ
ラッピング 無料のところ
法人様 ■クレジットカード
■コンビニ決済
■銀行振込(前払い)
法人限定請求払い(後払い)

ランキング1位:HitoHana(ひとはな)

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

HitoHanaの特徴

太郎
太郎
ランキング1位のHitoHanaさんの特徴は、国内最大級の商品数です。

胡蝶蘭は、可愛らしいリーズナブルな胡蝶蘭から高価格までの胡蝶蘭が豊富で個人・法人ビジネス、両方に喜ばれる通販ショップです。商品もおしゃれでセンスが良く目的に合わせた様々シーンでお使い頂けます。

胡蝶蘭の値段 ¥3,850~¥132,000
胡蝶蘭の色 白、ピンク、赤白、黄色、紫、ミックス、オレンジ
胡蝶蘭の本数 1本~10本
胡蝶蘭の種類 大輪、中大輪、ミディ、ミニ(ミニ・マイクロ)
胡蝶蘭の生産者情報 森田洋蘭園受賞実績
農林水産大臣賞(1983年、1998年)
世界らん展ブルーリボン賞(トロフィー賞)※部門最高位
●胡蝶蘭部門:1997年、2005年、2009年、2015年
●カトレア部門:1992年
商品 胡蝶蘭(43品種383商品、観葉植物(104品種11307商品)、1点もの観葉植物(61品種987商品)、鉢カバー(170種類320商品)フラワーギフト(87品種985商品)、スタンド花(8品種179商品)、豪華アレンジメント(4品種81商品)、スワッグ(7品種26商品)、リース(3品種24商品)、アレンジメント(60品種259商品)、花束(75品種268商品)、花瓶・フラワーベース(63種類136商品)グラスブーケ、果樹、お花の定期便
特徴的なサービス① 贈るシーン別のマナー立札メッセージまで充実したサイト
特徴的なサービス② 法人向けに「祝花おまとめサービス」「レンタルグリーン」「胡蝶蘭の引き取りサービス」

HitoHanaの胡蝶蘭!価格帯別人気ランキング!

胡蝶蘭は3千円台から10万円台まであり、予算や用途に合わせる事が出来ます。大事なお得意様、お相手に安心して大切な胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

3千円台の胡蝶蘭

小ぶりながらも高貴で凛とした雰囲気を漂わせる3千円台の胡蝶蘭は、会社の受付やお店のカウンター、ご自宅の窓辺などに最適です。また、香りと花粉が少なく衛生面に厳しい場所へも安心してお贈り頂けるうえ、3千円台の胡蝶蘭はコンパクトで場所も取りません。お取引先への手土産や誕生日・記念日などに贈るフラワーギフトに、小粋な贈り物として重宝されています。 産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

5千円台の胡蝶蘭

上品な華やかさと可愛らしさがあり、お誕生日や記念日など個人のお祝いギフト、お取引先へのご挨拶やオフィスのウェルカムフラワーなどにおすすめです。5千円台の胡蝶蘭は、花びらの形や色がバラエティに富んでいるミディタイプや、定番の大輪の胡蝶蘭など多品種です。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

1万円台の胡蝶蘭

お誕生日や記念日、開店祝いなど個人/法人問わず人気の価格帯です。白や淡い色はお祝い花としてだけでなく供花としてもご利用いただけます。1万円の価格帯では、胡蝶蘭らしい優美な雰囲気が人気の大輪、中大輪、ミディなど多様な品種があります。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

2万円台の胡蝶蘭

2万円の価格帯の胡蝶蘭は種類豊富になります。「幸福が飛んでくる」という胡蝶蘭の花言葉は、お誕生日や長寿祝い、開店祝いや開業祝いなどのギフトにぴったりです。また優美で上品な雰囲気はフォーマルな場で重宝し、お供えのお花にも選ばれています。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

3万円台の胡蝶蘭

5本立ちの大輪胡蝶蘭はボリュームがあり、豪華な印象を与えるのでひときわ見栄えがします。法人のギフトやお供えのお花として最も利用されています。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

5万円台の胡蝶蘭

5万円の胡蝶蘭は、町のお花屋さんでは取り扱われないレベルの最高ランクの商品ラインナップです。胡蝶蘭大輪7本立ちもこの価格からです。5本立ちと比較して、輪数が多くより贅沢な印象を与えます。法人・個人間のギフトなど特別なお祝いや大切なお届け先のギフトとして購入されています。色もピンクやリップ、希少種のグリーンアースがあります。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

10万円台の胡蝶蘭

胡蝶蘭の中でも最高ランクの商品といえる10万円の価格帯は、就任祝いなどビジネスシーンの特別なお祝いギフト、叙勲祝いや受賞祝いなどのお祝いを盛大に祝う個人ギフトなどにおすすめです。定番の白だけでなく、ピンクや赤リップなどシーンやお相手のお好みにぴったりのカラーを選べます。特別なセレモニーや法人の周年記念のお祝い、大劇場での公演祝いに最適です。また、優美で上品な雰囲気は、葬儀の供花としても選ばれています。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

お花や観葉植物

出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

 

お急ぎ便!→≫≫当日お届け!(+2,160円)

1都3県大阪名古屋福岡市内の一部の地域のみ

 

>> ランキング1位 HitoHana <<

 

HitoHana(ひとはな)口コミ評判

産地直送の激安な通販ショップTOP10ランキング!

最高級の胡蝶蘭を高品質で激安に買える通販ショップTOP10!

話題沸騰中の「ハーバリウム」

通販ショップのメリットとデメリット

通販ショップのメリット

  • わざわざ花屋さんを探して出向く必要がない
  • 夜中でもOK!24時間注文が可能!
  • 検索して高品質な高級・豪華な胡蝶蘭を選べる
  • 生産農家から直送なので花が新鮮で長持ち
  • 余計なコストが掛からないので値段が安い
  • 当日・翌日配送のスピード対応で全国配送が可能
  • 豊富な商品力
  • 立札やメッセージカード・ラッピングも簡単にオーダーできる
  • 注文商品を画像で送ってくれる
  • 値段が分かりやすい

通販ショップのデメリット

  • お店で胡蝶蘭の実物を見て買えない
  • お店の人と相談ごとをその場で聞けない

通販ショップのメリットとデメリットまとめ

お店で胡蝶蘭を見ながら「♪ど・れ・に・し・よ・お・か・な♪」なんて決められませんね。これは通販ショップのデメリットです。その場で直接お店の定員さんに相談できないのもそうですね。

でも、今の時代は写真が簡単に送れます。こんな便利なサービスがあります。

贈る前の画像配信

上記の画像のように通販HitoHana(ひとはな)さんでは配送前に写真を無料でメールで送付してくれます。これなら安心できますよね。通販ではデメリットを逆にメリットに換えています。

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

胡蝶蘭が選ばれる5つの理由とは?

1、高級感と気品の高さ

胡蝶蘭は高級感があり、気品があり、綺麗で、更に知名度が高いので贈られた側の喜びも自ずと高くなります。また存在感がありますので華やかにしてくれます。

2、万能性があり間違いがない

胡蝶蘭は開店祝い、開業祝いなどお祝いのイメージが強いお花ですが、法要、お葬式などでも贈られています。万能性・汎用性が高く間違いのない贈り物として親しまれています。

3、花もちが良く管理が楽

胡蝶蘭は花が咲いている期間が長く、すぐ枯れてしまう花がありますが、胡蝶蘭は枯れにくく1,2ヶ月以上キープできて長く楽しまめます。水やりがとても少なくて済みます。それと少ない日光でも十分なため、頂いた側もとても管理が楽なのです。法事・法要で忙しいご遺族の方には手間がかかりません。

4、季節を選ばずいつでも贈れる

胡蝶蘭は一年中栽培され育てやすいので、季節を問わずどんなシーンでも贈ることができます。

5、香りや花粉が気にならない

胡蝶蘭は香りや花粉がほとんどないためシーンを選びません。どんなシーンでも贈りやすい花といえます。

まとめ

通販ショップ基本情報

価格 般的な生花店より2割から3割程度安いこと
送料 無料のところ(一部地域の除く)
贈る前の画像配信 無料のところ
立札 無料のところ
ラッピング 無料のところ
法人様 ■クレジットカード
■コンビニ振込
■銀行振込(前払い)
法人限定請求払い(後払い)
太郎
太郎

いかがでしたか?大切な人が亡くなったときに贈る供花としてふさわしい胡蝶蘭をご紹介してきました。弔いの気持ちから懐かしく偲ぶ気持ちへと変化していくように、御霊前までは白い胡蝶蘭を、その後は少しずつ華やかな色あいを選んで問題ありません。残されたご遺族への配慮は決して忘れずに、故人への思いを込めてその時折の法要に相応しい供花を贈ってみてはいかがでしょうか。

お供えの胡蝶蘭を贈る際に間違えやすいお悔やみの違いを解説!

様々な理由から、胡蝶蘭はお供えにふさわしいお花だとお分かりいただけたでしょうか。しかしお供えに胡蝶蘭を贈るお悔やみには、一体どんな種類があるのでしょうか。

お悔やみは四十九日を境に、大きく2つに分けて考える事ができます。四十九日までは「葬式・御霊前」、四十九日を過ぎたら「法事・法要」と区別して考えると、お供えを用意する上で間違いにくくなりますよ。それでは四十九日までの「葬式・御霊前」のお供えを中心に解説していきましょう。

通夜・葬儀

お供えは、故人の霊を慰めるとともに祭壇や会場を飾る意味もあります。まずはお供えに贈るお花を亡くなって直ぐに贈る枕花(まくらばな)と、お通夜・お葬式にお供えする供花(きょうか、くげ)の二つに分けて解説していきましょう。

枕花は故人と遺族に特にゆかりが深い方が贈るお供え花で、お通夜以前に届ける様にします。枕花は故人の魂を鎮めるため、お葬式が終わるまで枕元に飾られます。枕花には場所を取らず飾りやすいながらも存在感のある中大輪の胡蝶蘭が良いでしょう。

枕花には白を選ぶのがマナーですが、ご遺族の意向によって落ち着いた色調の淡いピンクの花を入れることもあります。枕花には大きな名札はつけませんが、小さなカードに「供(差出人名)」と書いて胡蝶蘭に添えたり、メッセージカードを添えたりします。

またご遺族が枕花を用意する時は枕元の両サイドに一対づつ配置しますが、ご遺族以外の方が贈る場合は一基でも大丈夫です。葬儀が終わった後「後飾り」としてお供えすることもありますので、花持ちが良い胡蝶蘭はおすすめですよ。清楚で凛とした胡蝶蘭は、故人が亡くなって間もない静粛な場にふさわしいお花と言えます。

一方、供花は祭壇に供えるお花です。一般に故人や遺族と親しかった人などが贈るほか、遠方のために参列できない人が贈ります。またご遺族が香典を辞退された葬儀であった場合に、香典代わりとして供花を贈ることもできます。

贈るタイミングは個人宅であれば、お通夜の3時間前くらいまでに届けましょう。一方斎場に贈る場合は、なるべく葬儀前日までに届くようにします。斎場によってはお花のお届けに指定があったり、別途持ち込み料金が必要となる場合がありますので、事前に斎場に確認をするといいでしょう。

色は白が基本ですが、生前に故人が好きであった色をご遺族の意向で用いる場合もあります。立て札は親族ならば「◯◯家子供一同、孫一同」、法人ならば「会社名、代表者名(社長名)」あるいは「会社名、部署名一同」などと書きます。サイズが大きく目を惹く大輪系の胡蝶蘭は存在感があり、故人を称える気持ちを込めた演出ができますね。

後飾りの供花

四十九日や埋葬の日まで、遺骨を安置する祭壇を後飾りといいます。後飾りには遺影と共に供花や供物を飾り、毎日燭台に灯明をともして故人の冥福を祈る事ができます。そしてお通夜やお葬式に参列できなかった人が弔問に訪れた時、後飾りに焼香してもらう役割もあるのです。

後飾りはお葬式の後から四十九日まで長期間飾っておくものなので、後飾りにお供えする花に開花期間が長い胡蝶蘭はおすすめです。後飾りの祭壇は小机くらいの大きさなので、お供えには少し小さめの胡蝶蘭がいいでしょう。色は白が基本ですが、ご遺族の意向であれば落ち着いた色調の淡いピンク色の胡蝶蘭をお供えする場合もあります。

四十九日前と四十九日後では?

四十九日前と後ではお供えに使うお花の色が違ってきます。四十九日前は基本的に白ですが、四十九日後は落ち着いた色調の淡いピンク色を入れることが出来ます。一周忌や新盆など、四十九日後の法事・法要にも白いお花をお供えするのが主流ですが、ご遺族に明るさを取り戻して欲しいという思いを込めて明るめの色のお花を贈ってもマナー違反にはなりませんよ。

しかし法事・法要の雰囲気にそぐわない派手な色はマナー違反ですから、気を付けましょう。一方胡蝶蘭なら、白色や優しい色のお花が豊富なのでお供えのお花選びに困りませんね。

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

RELATED POST