法事・法要

法事法要の胡蝶蘭とマナー立札メッセージを解説!

初七日から百か日(100日目)までを追悼法要をいいます。

年忌法要は一周忌、三回忌、七回忌、三十三回忌などのことです。故人の命日に行う年忌法要では、年数が小さいほど、多くの方を招いて行う傾向にあります。

年忌法要を行うタイミングは、亡くなってから満一年の一周忌、それ以降は数え年となり、三回忌であれば亡くなってから満二年となります。

胡蝶蘭大輪白 お供え用 切り花 5本入り ボックス
8,250円税込

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

三十三回忌は、満32年目。

故人の供養を終了とする弔い上げ(とむらいあげ)は、三十三回忌法要をもって区切りをつけることが一般的です。五十回忌まで行う場合もあります。

出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

法事と法要のちがいとは?

  • 法事とは、お坊さんに読経していただく法要後の会食までを含めたものを言います。
  • つまり法事の中には法要も含まれているということです。
  • 法要とは、お坊さんに読経していただき、故人の冥福を祈ることを言います。
  • 法要は「追善供養(ついぜんくよう)」とも言われます。 

法事法要の胡蝶蘭とマナー立札メッセージを解説!

年忌法要を行うタイミングは、亡くなってから満一年の一周忌、それ以降は数え年となり、三回忌であれば亡くなってから満二年となります。

胡蝶蘭は美しい佇まいが故人を偲ぶのにふさわしいと考えられており、お供えの花として贈られています。

お供えとして贈られる胡蝶蘭の相場は法人・個人共に1万円~3万円でご遺族への偲ぶ気持ちを込めて清らかな白色を贈ることがマナーですが、

一周忌の場合は、「弔う花」から「偲ぶ花」へとかわり、故人が好んだ明るい華やかなものを選えばれてもよいでしょう。

主要な法事・法要の種類

種類 時期 現在での扱い
追悼法要 初七日 7日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。
二七日 14日目 遺族のみ。省略されることもある。
三七日 21日目 同上。
四七日 28日目 同上。
五七日 35日目 同上。※この日を忌明けとする宗派もある。
六七日 42日目 遺族のみ。省略されることもある。
四十九日 49日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。忌明けの日。
百か日 100日目 遺族のみ。省略されることもある。
年忌法要 一周忌 満1年目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。
三回忌 満2年目 同上。
七回忌 満6年目 遺族、親族で供養。七回忌以降は縮小傾向にある。
十三回忌 満12年目 遺族のみ。
十七回忌 満16年目 遺族のみ。省略されることもある。
二十三回忌 満22年目 同上。
二十七回忌 満26年目 同上。
三十三回忌 満32年目 遺族のみ。三十三回忌で弔い上げの場合が多い。

出典:https://www.osohshiki.jp/column/article/15/

胡蝶蘭の色

四十九日前の法事・法要の際は白花を用いることがマナーとなりますが、

その後は故人のお好きだった色などお好みの色が選べます。故人が女性の場合は、ピンクの大輪の胡蝶蘭などが喜ばれています。

法事・法要に贈る胡蝶蘭のマナー

胡蝶蘭の設置には一定の空間が必要となります。また生花である胡蝶蘭は、配送日時にお相手に間違いなくお受け取り頂くことも大切です。

大切な方への心遣いがかえってご迷惑とならないように商品の選び方やラッピング・立て札などのマナーを守って、お悔みの気持ちを胡蝶蘭で伝えましょう。

01法事・法要に胡蝶蘭を贈るタイミングは?

法事・法要に贈る胡蝶蘭は、前日までに贈るのが一般的です。

法事・法要をご自宅で行うなら、当日は慌ただしいご遺族の手間を取らせることになります。また、ご自宅以外で行う時は、不在になる可能性があります。

斎場に贈る際は、会場ごとのルールがある場合もあるので、事前に問い合わせ、儀式が執り行われる時間の前までに届くようにします。

胡蝶蘭の受取日時や置き場所を確認し、ベストなタイミングを選びましょう。

02法事・法要の胡蝶蘭を一般的な相場は?

胡蝶蘭ギフトをお選び頂く際には、お相手との関係性に沿った供花の相場を目安として商品を選びましょう。

一般的に法事・法要には5千円程度の胡蝶蘭が選ばれています。特別なお付き合いがございましたお相手への法事・法要にはワンランク上となる5千~1万円の胡蝶蘭がお選びいただけます。またご友人やご親族に向けての法事・法要の胡蝶蘭は5千~1万円が相場となります。

03法事・法要のラッピングはどうすればよいの?

法事・法要の胡蝶蘭ギフトには、落ち着いて上品な印象のラッピングが選ばれます。ラッピングカラーは概ね薄い色がおすすめです。

お付き合いの度合いや無くなられてからの月日がどの位経ったかによって胡蝶蘭の花色やラッピングを、少し色のあるお花や包装紙からお選びいただけます。

法事・法要には薄緑系などの色も自然で安定した印象がありますのでおすすめです。

04立て札・メッセージカードを添える際のポイント

法事・法要の胡蝶蘭にはマナーとして、立て札かメッセージカードを添えます。法人ギフトの場合には木札、フォーマルな個人ギフトの場合は紙の立て札を用い、一番上に「供」と書き「お届け主様のお名前」を記載することが一般的です。

それ以外のパターンでは「供」「お届け主様の社名・役職・名前」を記載します。メッセージカードを贈る際には、故人の方との思い出やご遺族の方への励ましの言葉を添えると良いでしょう。

立札

 

出典:午前12時までの注文で最短翌日配送!【HitoHana(ひとはな)】

一周忌の胡蝶蘭をお送りする際には、立札は「御供(ごくう)・供(キョウ・ク・そなえる)」とともに贈り主様のお名前を記載します。

相手の方のお名前は記載しないので注意してください。 お花に札をつけておくることで、交友関係から故人の生前の人柄が周りの方にも伝わるでしょう。

メッセージカードの一般例

遺族にも一言伝えたい方は、メッセージカードをつけてお送りされるとよいでしょう。「ご生前の面影を偲び、心よりご冥福をお祈りします。」のような文章のあとにあなたからの気遣いの言葉を続けられるのが一般的です。ご参考にしてみてください。

 

〇〇様

ご生前の面影を偲び、心よりご冥福をお祈りします。

〇〇より

香典の金額

香典の目安

故人との関係 会食なし 会食あり
祖父母 1万円~ 1~3万円
1万円~ 1~5万円
兄弟姉妹 1万円~ 1~3万円
親戚 1万円~ 1~3万円
職場関係・知人・友人 5千円~ 1万円

表書きはのし上に「御佛前」「御仏前」などと記します。

のし下に本人の氏名をフルネームで記入するのが一般的です。

市販の香典袋にはあらかじめ表書きが印刷されたものもありますが、「御霊前」は使わないように注意しましょう。「御霊前」は葬儀やお通夜の時に用いるもので、一周忌では、故人すでに「仏様」になっていると考えられているためです。

墨の色は、葬儀の際は薄墨を使うのがマナーですが、一周忌の場合は濃い墨でも問題ありません。

法事法要の胡蝶蘭|通販ショップを厳選比較!

なぜ通販ショップは、激安なのか!

  • 1、中間流通業者にかかるコストを削減できているから。
  • 2、人件費を削減できているから。
  • 3、廃棄コストを削減できているから。

 

大きくはこの3点になります。余計なコストを掛けずにお客様は、リーズナブルでお値打ちの胡蝶蘭が購入できます(2,3割違います)。そして通販ショップのメリットはもちろん産地直送で新鮮!お店とは1週間は違ってきます。

通販ショップ基本情報
価格 般的な生花店より2割から3割程度安いこと
送料 無料のところ(一部地域の除く)
贈る前の画像配信 無料のところ
立札 無料のところ
ラッピング 無料のところ
法人様 ■クレジットカード
■銀行振込(前払い)
法人限定請求払い(後払い)

ランキング1位:HitoHana(ひとはな)

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

HitoHanaの特徴

太郎
太郎
ランキング1位のHitoHanaさんの特徴は、国内最大級の商品数です。

胡蝶蘭は、可愛らしいリーズナブルな胡蝶蘭から高価格までの胡蝶蘭が豊富で個人・法人ビジネス、両方に喜ばれる通販ショップです。商品もおしゃれでセンスが良く目的に合わせた様々シーンでお使い頂けます。

胡蝶蘭の値段 ¥3,850~¥132,000
胡蝶蘭の色 白、ピンク、赤白、黄色、紫、ミックス、オレンジ
胡蝶蘭の本数 1本~10本
胡蝶蘭の種類 大輪、中大輪、ミディ、ミニ(ミニ・マイクロ)
胡蝶蘭の生産者情報 森田洋蘭園受賞実績
農林水産大臣賞(1983年、1998年)
世界らん展ブルーリボン賞(トロフィー賞)※部門最高位
●胡蝶蘭部門:1997年、2005年、2009年、2015年
●カトレア部門:1992年
商品 胡蝶蘭(43品種383商品、観葉植物(104品種11307商品)、1点もの観葉植物(61品種987商品)、鉢カバー(170種類320商品)フラワーギフト(87品種985商品)、スタンド花(8品種179商品)、豪華アレンジメント(4品種81商品)、スワッグ(7品種26商品)、リース(3品種24商品)、アレンジメント(60品種259商品)、花束(75品種268商品)、花瓶・フラワーベース(63種類136商品)グラスブーケ、果樹、お花の定期便
特徴的なサービス① 贈るシーン別のマナー立札メッセージまで充実したサイト
特徴的なサービス② 法人向けに「祝花おまとめサービス」「レンタルグリーン」「胡蝶蘭の引き取りサービス」

HitoHana(ひとはな)の評価

HitoHana(ひとはな)さんは、「町のお花屋さんやホームセンターでは、理想の植物が見つからない!」 お客様のためにそんな悩みを解決したいという想いからはじまり、現在では、 国内最大級商品数を取り扱っています。

誰もがベストな選択をできるように、ラインナップを充実させることや、 品質の良いものを取り揃えることはもちろん、 購入までの仕組みづくりから購入後のケアに至るまで、 人と植物のより良い関係性を追求しているのがHitoHanaさんです。

最後に、「三方良し」を目指しているHitoHanaさんは、慣れない胡蝶蘭を贈る時のマナー立札メッセージまでもサイトで解説してくれています。これなら初めての方でも安心ですね。

10,000点を超える商品数で選択の自由度と満足度は高い。サービスと特徴も初めての方にも優しいサイトコンテンツで充実しているので、評価は、★★★★★となります。

HitoHanaの胡蝶蘭!価格帯別人気ランキング!

胡蝶蘭は3千円台から10万円台まであり、予算や用途に合わせる事が出来ます。大事なお得意様、お相手に安心して大切な胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

3千円台の胡蝶蘭

小ぶりながらも高貴で凛とした雰囲気を漂わせる3千円台の胡蝶蘭は、会社の受付やお店のカウンター、ご自宅の窓辺などに最適です。また、香りと花粉が少なく衛生面に厳しい場所へも安心してお贈り頂けるうえ、3千円台の胡蝶蘭はコンパクトで場所も取りません。お取引先への手土産や誕生日・記念日などに贈るフラワーギフトに、小粋な贈り物として重宝されています。 産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

5千円台の胡蝶蘭

上品な華やかさと可愛らしさがあり、お誕生日や記念日など個人のお祝いギフト、お取引先へのご挨拶やオフィスのウェルカムフラワーなどにおすすめです。5千円台の胡蝶蘭は、花びらの形や色がバラエティに富んでいるミディタイプや、定番の大輪の胡蝶蘭など多品種です。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

1万円台の胡蝶蘭

お誕生日や記念日、開店祝いなど個人/法人問わず人気の価格帯です。白や淡い色はお祝い花としてだけでなく供花としてもご利用いただけます。1万円の価格帯では、胡蝶蘭らしい優美な雰囲気が人気の大輪、中大輪、ミディなど多様な品種があります。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

2万円台の胡蝶蘭

2万円の価格帯の胡蝶蘭は種類豊富になります。「幸福が飛んでくる」という胡蝶蘭の花言葉は、お誕生日や長寿祝い、開店祝いや開業祝いなどのギフトにぴったりです。また優美で上品な雰囲気はフォーマルな場で重宝し、お供えのお花にも選ばれています。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

3万円台の胡蝶蘭

5本立ちの大輪胡蝶蘭はボリュームがあり、豪華な印象を与えるのでひときわ見栄えがします。法人のギフトやお供えのお花として最も利用されています。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

5万円台の胡蝶蘭

5万円の胡蝶蘭は、町のお花屋さんでは取り扱われないレベルの最高ランクの商品ラインナップです。胡蝶蘭大輪7本立ちもこの価格からです。5本立ちと比較して、輪数が多くより贅沢な印象を与えます。法人・個人間のギフトなど特別なお祝いや大切なお届け先のギフトとして購入されています。色もピンクやリップ、希少種のグリーンアースがあります。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

10万円台の胡蝶蘭

胡蝶蘭の中でも最高ランクの商品といえる10万円の価格帯は、就任祝いなどビジネスシーンの特別なお祝いギフト、叙勲祝いや受賞祝いなどのお祝いを盛大に祝う個人ギフトなどにおすすめです。定番の白だけでなく、ピンクや赤リップなどシーンやお相手のお好みにぴったりのカラーを選べます。特別なセレモニーや法人の周年記念のお祝い、大劇場での公演祝いに最適です。また、優美で上品な雰囲気は、葬儀の供花としても選ばれています。産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

お花や観葉植物

出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

 

お急ぎ便!→≫≫当日お届け!(+2,160円)

1都3県大阪名古屋福岡市内の一部の地域のみ

 

>> ランキング1位 HitoHana <<

 

HitoHana(ひとはな)口コミ評判

産地直送の激安な通販ショップTOP10ランキング!

最高級の胡蝶蘭を高品質で激安に買える通販ショップTOP10!

通販ショップのメリットとデメリット

通販ショップのメリット

  • わざわざ花屋さんを探して出向く必要がない
  • 夜中でもOK!24時間注文が可能!
  • 検索して高品質な高級・豪華な胡蝶蘭を選べる
  • 生産農家から直送なので花が新鮮で長持ち
  • 余計なコストが掛からないので値段が安い
  • 当日・翌日配送のスピード対応で全国配送が可能
  • 豊富な商品力
  • 立札やメッセージカード・ラッピングも簡単にオーダーできる
  • 注文商品を画像で送ってくれる
  • 値段が分かりやすい

通販ショップのデメリット

  • お店で胡蝶蘭の実物を見て買えない
  • お店の人と相談ごとをその場で聞けない

通販ショップのメリットとデメリットまとめ

お店で胡蝶蘭を見ながら「♪ど・れ・に・し・よ・お・か・な♪」なんて決められませんね。これは通販ショップのデメリットです。その場で直接お店の定員さんに相談できないのもそうですね。

でも、今の時代は写真が簡単に送れます。こんな便利なサービスがあります。

贈る前の画像配信

上記の画像のように通販HitoHana(ひとはな)さんでは配送前に写真を無料でメールで送付してくれます。これなら安心できますよね。通販ではデメリットを逆にメリットに換えています。

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

胡蝶蘭が選ばれる5つの理由とは?

1、高級感と気品の高さ

胡蝶蘭は高級感があり、気品があり、綺麗で、更に知名度が高いので贈られた側の喜びも自ずと高くなります。また存在感がありますので華やかにしてくれます。

2、万能性があり間違いがない

胡蝶蘭は開店祝い、開業祝いなどお祝いのイメージが強いお花ですが、法要、お葬式などでも贈られています。万能性・汎用性が高く間違いのない贈り物として親しまれています。

3、花もちが良く管理が楽

胡蝶蘭は花が咲いている期間が長く、すぐ枯れてしまう花がありますが、胡蝶蘭は枯れにくく1,2ヶ月以上キープできて長く楽しまめます。水やりがとても少なくて済みます。それと少ない日光でも十分なため、頂いた側もとても管理が楽なのです。法事・法要で忙しいご遺族の方には手間がかかりません。

4、季節を選ばずいつでも贈れる

胡蝶蘭は一年中栽培され育てやすいので、季節を問わずどんなシーンでも贈ることができます。

5、香りや花粉が気にならない

胡蝶蘭は香りや花粉がほとんどないためシーンを選びません。どんなシーンでも贈りやすい花といえます。

まとめ

通販ショップ基本情報

価格 般的な生花店より2割から3割程度安いこと
送料 無料のところ(一部地域の除く)
贈る前の画像配信 無料のところ
立札 無料のところ
ラッピング 無料のところ
法人様 ■クレジットカード
■コンビニ振込
■銀行振込(前払い)
法人限定請求払い(後払い)
太郎
太郎

いかがでしたか?大切な人が亡くなったときに贈る供花としてふさわしい胡蝶蘭をご紹介してきました。弔いの気持ちから懐かしく偲ぶ気持ちへと変化していくように、御霊前までは白い胡蝶蘭を、その後は少しずつ華やかな色あいを選んで問題ありません。残されたご遺族への配慮は決して忘れずに、故人への思いを込めてその時折の法要に相応しい供花を贈ってみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

RELATED POST